• 今日の若い世代と古い世代の間の理解のギャップを埋めるための最善のアプローチを見つけるよう促しました